ゆっくりシイナ時間

ブルベ夏骨格ストレート、インナードライ肌の私がキレイになる方法

MENU

パーソナルカラー診断が誤診だったお話②

カラーチャートに指をさす人

 

この記事からの続きです。↓

パーソナルカラー診断が誤診だったお話①

読んでない方は①から読んでみてください。

 

 

 

1度目の診断の結果はイエベ春ビビッド

イエロベース春ビビッド(以下イエベ春ビビ)と診断された私は@コスメや様々な掲示板から同じパーソナルカラーの人のおすすめコスメを購入します。

以前からイエベ向けのコスメしかほとんど使ってこなかった私は、診断後に劇的にメイクが楽しくなったり、これが似合うってことかー!なんて感動もほとんどなく、まぁまぁかな♪程度にコスメ選びをしていました。

 

色について敏感になってくると、なんだか少しずつ疑問に思うことが出てきました。

  • ゴールドパールのお粉をはたいたらびっくりするほど黄ぐすみした。
  • 他の春ビビさんには評判のいいサーモンピンクやオレンジのリップメイクが似合わないどころか発色しない
  • イエベのはずなのにブラウンシャドウがことごとく似合わない。すべてくすむ。
  • イエベ向けオレンジチークの発色がなぜか弱くてすぐなくなる。おてもやんではなく。
  • サーモンピンクのマフラーを巻くと、顔が黄黒く見える
  • 黄肌ではあるけどドメブラのベージュ系ファンデが黄ぐすみする。

 

診断時に、春ビビってセカンドは何の季節ってことですか?と聞いたら、冬ですよと答えられたのでブルベ要素もあるから私はゴールドパールが合わなかったりするのかな?なんて思ってた。

 

でも明らかに、何かがおかしいと思っていたのはブラウンシャドウにことごとく撃沈することとリップが発色しないこと。

メイクをしてもキレイになんてならなくて、メイクをするのがあまり好きではなくなってきてもっぱらスキンケアばかり重視してました。

この時はまさか誤診とまでは思っていなかったんだけど…

 

別のサロンでまたパーソナルカラー診断を受けることに 

再度別のサロンでパーソナルカラー診断を受けることになったきっかけは骨格診断に興味をもったこと。

診断を受けるまでもなくストレートだと思ったんですが、具体的な店やブランドのチョイスがわからなくてファッション難民に。

(後にストレートのブランドの取り扱いがないファッションビルばかりを探していたことが判明w)

 

そこで、このアナリストさんは信頼できる!!と思えるアナリストさんのブログを見つけたのです。

そのブログには衝撃的な事実の記載が…!

 

パーソナルカラー診断の結果の通りメイクしても発色しないならそれは誤診の可能性が大きい

 

これは!と思いましたよ。

リップとチークは特に、発色しなくてなぜだろうと思っていたし、誤診を疑わず、私の唇の色が悪いからかもとも思っていました。

が、ここに来て誤診の可能性を疑わざるをえない展開に。

 

そこで私はそのサロンで骨格診断を受けると同時にパーソナルカラーの再診をする事になったのでした。

 

③につづく↓

パーソナルカラー診断が誤診だったお話③

 

 

参考になった方はクリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村

 

関連記事