ゆっくりシイナ時間

ブルベ夏骨格ストレート、インナードライ肌のブログ

ゆっくりシイナ時間

MENU

今すぐ買える!骨格ストレートの着痩せパンツおすすめ16選&選び方3つのコツ【ユニクロ・GUなど】

今すぐ買える骨格ストレートの着痩せパンツの選び方

骨格ストレートの方は、パンツを履くとおしりや太ももがパツパツになってムチムチ見えると悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

私も骨格診断を知る前は、パンツが履きたいけど太って見えてしまって、スカートばかり履いていました。

トップスと比べて似合うものが選びにくく、試着してみないとわからないと感じるのがパンツなんじゃないかなと思います。

 

ですが、骨格診断ストレートタイプが着痩せしてみえるパンツの選び方はたった3つのコツをおさえるだけでOK!

こんにちは!骨格診断アドバイザー検定1級所持、典型的な骨格ストレートの大塚シイナです。

この記事では、パンツが履きたいけど事故ると感じている方に試着しなくても似合うパンツを選ぶコツを解説します。

手っ取り早く似合うものが知りたいという方のために、今すぐ購入できる骨ストの着痩せパンツをユニクロ・GU含め16着紹介していますので、ぜひ試してみてください。

 

 

骨格ストレートの特徴である太ももとおしりのボリュームを目立たせないパンツを選ぼう!

骨格ストレートの特徴

骨格ストレートの下半身の特徴としてあげられるのが以下の4点。

  • ヒップに厚みがある
  • ヒップに高さがある
  • 太ももが太めでふくらはぎが細め
  • 筋肉のハリを感じる

この中のウイークポイントと言える、ヒップの厚みと太もものボリュームを目立たせないパンツ(ズボン)選びが着痩せのポイントです。

 

おしりが大きい・脚が太いという悩みを解決するパンツは骨格タイプによって違う

デニムを履いた女性

おしりが大きい、脚が太いという悩みを抱えているのは、骨格ストレートさんだけではありません。

ストレートと逆の特徴を持っているともいえる骨格ウェーブさんも、同じ悩みを抱えていたりします。

ですが、ストレートとウェーブでは同じ悩みでも解決のポイントは違います。

 

骨格ストレートさんの「おしりが大きい」は奥行き方向へのボリュームを指している事が多く、骨格ウェーブさんの「おしりが大きい」は横方向へのボリュームを指している事が多いのです。

同じく太ももも、ストレートさんは前ハリ、ウェーブさんは横ハリに悩んでいる事が多いと感じます。

 

同じ「おしりが大きい・脚が太い」という悩みですが、骨格タイプによって違いがあり、そのためパンツの選び方にも違いが出てきます。

 

では、骨格ストレートのおしりと太もものボリュームをすっきり見せるパンツ選びのコツを解説しますね。

 

骨格ストレートに似合うパンツの特徴|選び方3つのポイント

まず、骨格ストレートに似合う服選びの基本は以下の4点。

  • タイトすぎずゆとりのありすぎない、つかず離れずのジャストなサイズ感
  • ハリのある、表面に凸凹感のない素材
  • Iラインのシルエット
  • 装飾性の少ないシンプルなデザイン

 

この基本のポイントに加え、以下の3つのポイントをおさえることで、似合うパンツが選べるようになります。

  • タックがない、もしくはある場合はインタック
  • ジャストウエストまたはややローライズ
  • 収縮性のない、または収縮性弱めの素材

 

それでは詳しく解説していきます。

 

タックがない、もしくはある場合はインタック

腰回りにタックがあるパンツはテーパードやワイドパンツに多いのですが、タックの分布量が多く使われています

着用するとタックが広がることで腰回りにボリュームを足してしまい、実際よりおしりを大きく見せてしまいます。

 

タックにはインタックとアウトタックがあり、インタックなら比較的事故率は低いかと思います。

インタック

これがインタック。内側にタックが倒れています。

アウトタックよりマシとはいえ、やはりタックの分、布量が増えるため広がってもたつきがち。

 

アウトタックのパンツ

出典:サライ

これがアウトタック。外側にタックが倒れています。

アウトタックはインタックに比べ横方向に広がるため、おしりが横に大きく見えてしまいます。

 

骨格ストレートにはつかず離れずのジャストサイズがベストである事を考えても、ゆとりが出すぎるタックパンツは避けて、腰回りはすっきり見せた方が着痩せします。

 

ジャストウエストまたはややローライズ

骨格ストレートさんは腰の位置が高く、バストからウエストまでの距離が短い特徴があります。

既に高い腰位置をさらにあげると、もっと上半身が短く、詰まったように見えてしまいます。

引きで見た時に上重心が強調され、アンバランスに見えるので骨ストのスタイルアップにはハイウエストはおすすめできません。

 

もっともおすすめなのがジャストウエスト、またはややローライズ気味のものもバランスよく着用できます。

ハイライズのトレンドが落ち着き、ミドル~ローライズのトレンドが徐々にきています。
まだまだハイライズが多いので、注意したいポイントです。

 

収縮性のない、または収縮性弱めの素材

これは意識していない方が多いと感じるのですが、良く伸びるストレッチ素材はおしりや太ももの肉感を拾いやすく、ムチムチして見えがちです。

ノンストレッチのものが安心ですが、少し伸びる程度でも問題ありません。

 

ニットパンツやスウェットなどもよく伸びるので、サイズ感によっては肉感を拾います。

ネットショッピングの際は収縮性の有無の確認は必須です。

 

以上のポイントをおさえれば、ストレートパンツ、デニム、スラックス、テーパードパンツ、ワイドパンツ、フレアパンツ等、どんな形を選んでもすっきり着痩せして見えると思います。

 

選び方の基本の考え方は、パンツだけでなくスカートも同じです。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

フレア・プリーツも事故らない!骨格ストレートのスカート選び5つのコツ&おすすめ8選

 

骨格ストレートに似合わないパンツの特徴7選

ここでは、骨格ストレートが事故りがちなパンツを理由と合わせて解説します。

 

ハイウエストパンツ

もともと腰位置が高く、上半身が短い特徴をもつ骨格ストレートさん。

ハイウエストのものを履くと、ウエストのすぐ上にバストのボリュームがきて上重心を強調したり、上半身が詰まって見えてしまいます。

 

特に低身長さんは、短足に見せたくない!少しでも脚長に見られたい!とスタイルアップ目的でハイウエストパンツを履く方も多いですが、骨ストならジャストウエストが◎

股上の深いもの、「ハイウエスト」と商品名にあるものは気を付けてみましょう。

 

ただ例外としてハイウエストという商品名でも、腰位置が高い骨ストさんが着用するとジャストウエストになることも。

その場合は問題なく、あくまでも自分のジャストの腰位置より高くならない事を意識してみるのがおすすめです。

 

タック入りパンツ

テーパードやワイド、ガウチョなどによくみられるタック入りのパンツは、骨格ストレートにおすすめできません。

タック入りのパンツは腰回りにゆとりができすぎ、おしりを横に大きく見せてしまいます。

骨格ストレートのメリハリのある体型を活かすには、腰まわりのゆとりはつかず離れずがおすすめ。

そのためにもタックなしのパンツを選ぶのが着痩せのコツです。

 

ストレッチの効いたスキニーパンツ

スキニーパンツを代表とするスリムなパンツはもともと苦手な骨格ストレートですが、ストレッチの効いたスキニーはより脚を太く見せてしまい苦手な傾向。

細身のパンツを選ぶ際は特に、収縮性のないものを選ぶと印象が大きく変わります。

 

おしりやふとももがパツパツに見えるからパンツは苦手、という方はスリムすぎるデザインを選んでいないか、ストレッチ性が肉感を拾っているのではないかチェックしてみてください。

 

ギャザーたっぷりの布量を多く使ったガウチョやワイドパンツ

ワイドやフレア、ガウチョなどでみかける、たっぷりの布を使ったギャザーの多いパンツも苦手。

ギャザーが腰回りにボリュームを足してしまい、たっぷりの布で全体がAラインのシルエットになるので、骨格ストレートの得意なIラインから離れてしまいます。

特に上のようなパンツはガーゼやリネンなどの素材を使用したものが多く、素材感的にも骨格ストレートの苦手なタイプといえます。

 

ワイドを選ぶならギャザーや布量の少なめのストレートシルエットのもの、フレアを選ぶなら腰回りのすっきりした、足首にかけてなだらに広がるものがおすすめです。

 

太い部分で分断するショートパンツやクロップドパンツ

膝下が細く太ももにボリュームのある骨格ストレートさんは、太ももは隠した方が細見えします。

短いパンツが履きたいという場合はハーフパンツにするか、ショートでも出来るだけ丈が長めのものを選んでみてください。

 

膝下は細い方が多い骨格ストレートさんですが、ふくらはぎの筋肉が発達している方も。

そう言った方は、ふくらはぎの筋肉のハリの途中で分断されるクロップド丈は避けた方が細見えします。

ふくらはぎのハリが隠れる丈であれば、クロップドでもすっきり見えますよ。

太い所で分断されない丈であれば、長さはどんなものでもOK。

上重心の骨格ストレートは、ロング丈も得意です。

 

太もものポケットがボリュームを足すカーゴパンツ

カーゴパンツといえばたくさんついたポケット。

このポケットが立体的なものだと、気になる部分にさらにボリュームをプラスしてしまいます。

選ぶならぺたんこのポケットで、チノパンに近いシンプルなデザインを選ぶのがおすすめです。

 

視覚効果で太ももが太く見える!ウォッシュのきいたデニム

骨格ストレートがデニムを選ぶ際は、ウォッシュ加工のないきれいめなものがおすすめ。

特に太ももにウォッシュが入ったものは、濃色デニムと比べて視覚効果で太ももが太く見えてしまいます。

デニムに限らず、骨格ストレートが細見えするには柄物は覗いて1色に見えるもの。

ウォッシュ加工や杢調などはボリュームを足して見えるので注意してみてください。

 

【今すぐ購入できる】骨格ストレートに似合うおすすめ着痩せパンツ8選

ここからは骨格ストレートに似合う、今すぐ購入できるパンツを紹介します。

 

骨格ストレートなら王道ストレートパンツ


シークレット セール ★ センタータックストレートパンツ [M3527] レディース 春 ウエストゴム ボトム ズボン きれいめ カジュアル 着回し オフィス デイリー 美脚 体型カバー 大人 シンプル ベーシック 春 ハイウエスト【メール便】

 

骨格ストレートといえば、ストレートパンツ。

広がりがなく、ストンとまっすぐなストレートパンツは、骨ストの得意なIラインのコーディネートが作りやすく簡単にスタイルアップできるアイテム。

収縮性がないので肉感を拾いにくい生地です。

ピンタックが足を細く長く見せる効果もあり!

 

タックなしテーパードパンツ


【送料無料】 レディース ボトム パンツ テーパード センタープレス 細身 起毛 ストレッチ ストレッチパンツ フォーマル ロングパンツ 綺麗め 秋 冬 ベースメント BASEMENT online 2022AW【宅配便】【BO2022AW】(予約9月26日~30日以内順次発送)

 

裾にかけて細くなっていく形のテーパードパンツは、おしりや太ももにゆとりのありすぎないものがおすすめ。

このようなノータックのもので、ストレートに近い形のものなら、おしりを小さく脚を長くみせることができます。

ハイウエストの流行が落ち着いてきて、やっとこういったジャストウエストのパンツがでてきました。

起毛素材なので冬でもあたたかく着用できるパンツです。

 

広がりすぎないワイドパンツ


ボトムス プリーツパンツ セルフカット ウエストゴム 楽チン 無地 カジュアル レディース 秋 Honeys ハニーズ プリーツパンツ

 

ワイドパンツなら、ボリューム控えめで広がりすぎないIラインになるものがおすすめ。

布量の多いものはAラインに広がり着太りしがちなので、ストンと落ちるシルエットが◎

ウエストゴムでストレスフリーな履き心地で、セルフカットが可能なので低身長さんにも嬉しい一着です。

 

重心バランスを整えるブーツカットやフレアパンツ


≪9月8日待望の再販≫SC/S/M/MT/Lサイズ [2022A/W PRE ORDER][低身長/高身長サイズ有]ストレッチツイルスリムフレアパンツ レディース 秋 冬 / パンツ

 

裾が広がったブーツカットやフレアパンツは重心を下に見せてくれるので、上重心の骨格ストレートの重心バランスを整えてくれます。

引きで見た時のバランスがよくなるので、スタイルアップ効果あり。

この商品はセンタープレスでより細見えするのでおすすめです。

高身長・低身長サイズがあるのが嬉しい。

 

センタープレスのきれいめクロップドパンツ


COUP DE CHANCE 【洗える/定番】ストレッチ入りセンタープレスクロップドパンツ クード シャンス パンツ その他のパンツ ホワイト ブラック グリーン ブラウン パープル ブルー【送料無料】

 

このようなセンタープレスの入ったきれいめデザインは、特に骨ストが着痩せして見えるパンツとしておすすめです。

余計なタックのない腰回りがすっきりしたデザインがポイント。

クロップドという名前ですが、ふくらはぎが隠れる短すぎない丈で、細い足首を強調できます。

ハイウエストにならず上半身が詰まったように見えない、センタープレスが美脚に導く一着。

 

広がらないハーフパンツ


3点5%5点8%OFFクーポン レディース パンツ ボトムス ハーフパンツ 5分丈パンツ PU フェイクレザー カジュアル キレカジ 大人カジュアル きれいめ きちんと感 シンプル クール 休日コーデ ビジネス お仕事コーデ お出かけ 大人可愛い ブラック ブラウン S M L

 

膝上丈のハーフパンツは、骨ストの膝下を最もきれいにみせてくれる丈。

タックがなく腰回りがすっきりした、広がりのないストンとしたIラインのものを選ぶのがコツ。

こちらはフェイクレザーのかっちり感が、骨ストのハリのある肌質にマッチする、上質感のあるパンツです。

 

パリッとした生地感のチノパン


【クーポンで1000円OFF☆1/17 13:59まで】【特別送料無料!】 パンツ S/M/L/LL 肉感を拾わない ストレート パンツ。 レディース ボトムス ズボン ロングパンツ ストレッチ チノパンツ 大きいサイズ ◆zootie(ズーティー):ヘビーウェイト チノ ストレートパンツ

 

綿のパリッとした素材感のチノパンも得意アイテム。

ハリがあるので肉感や筋肉のハリを拾いにくいです。

ハイウエストやダボッとしすぎるものは避けて、ストレートのシルエットがおすすめ。

収縮性も控えめなものならむちむち見えません。

 

色落ちの少ないきれいめデニム


3ボタンワイドデニムパンツ・全3色・b00466 レディース 【pt】韓国ファッション ボトムス ロング ロングパンツ デニム デニムパンツ 3ボタン ワイド ストレート ダーツ ジーンズ シンプル カジュアル 春 秋

 

デニムを選ぶなら、太ももに強くウォッシュの入った色にムラがあるものは避けるのが無難。

濃いめのインディゴやブラックデニム、ホワイトもおすすめです。

形はストレートやブーツカット、ややフレア、セミワイド等がすっきり見えて◎

ゆとりのあるボーイフレンドデニムやタイトすぎるスキニーは苦手です。

パンプスとあわせてきれいめにも、スニーカーでカジュアルにもコーデできるので、似合うデニムを1本持っていると便利です。

 

その他にも骨スト向けおすすめパンツは楽天ROOMで紹介しています。
4と9のつく日に更新しているので覗いてみてください。

 

骨格ストレート向けパンツ①|ROOM - 欲しい! に出会える。

room.rakuten.co.jp

 

骨格ストレートがGUやユニクロでパンツを買う時のコツ

パンツは気兼ねなく試着や裾直しが出来る、GUやユニクロ一択!という方もいると思います。

まず商品名を見て避けた方が無難なものは

  • ハイライズ~
  • ウルトラストレッチ~
  • スーパーストレッチ
  • ~レギンスパンツ

と名前のつくもの。

 

トレンドは2022年現在、ハイライズから徐々にミドルライズ~ローライズに変わってきています。

トレンドの移り変わりの時期なので、まだまだハイライズが多いので気を付けたいところ。

 

ウルトラストレッチ系とレギパンは収縮性が強いので、骨ストが着ると肉感を拾ってムチムチするので避けるのが無難。

SNSではユニクロのスマートアンクルパンツが骨ストさんに人気のようですが、これも人やサイズ感によっては肉感を拾うので私としてはあまりおすすめではないです。

広告で骨ストの深キョンが着ていた商品です。

 

ユニクロのスマートアンクルパンツの深田恭子さんの広告

出典:ユニクロ

 

この広告が出た時にSNSでパツパツすぎないか?という感想が目立っていたけれど、肉感を見事に拾ってしまっているのが敗因かと思います。

骨格ストレートにもっと似合うパンツは他にある、という印象かな。

縦にも横にも伸びるのがウリの2WAYストレッチ系は気を付けた方がいいかもしれません。

 

骨格ストレート向きのユニクロで買えるパンツ4選

現在ユニクロで購入できる骨格ストレートにおすすめのパンツはこちら。

 

ストレッチテーパードアンクルパンツ

ユニクロのストレッチテーパードアンクルパンツ

出典:ユニクロ

 

まず、ベーシックなテーパードパンツならこれ。

テーパードとはいえ、腰回りにゆとりをもたせすぎないシルエット。

細い足首を強調できるアンクル丈。

ストレッチ性もほど良く、2WAYストレッチ系より肉感を拾いにくいです。

 

ドレープフレアパンツ

ユニクロのドレープフレアパンツ

出典:ユニクロ

 

トレンドのカラーパンツが履きたい方はこちら。

腰回りに余計なタックがなくもたつきゼロ。

控えめな収縮性で、肉感を拾いにくい上に着用感も抜群です。

ややフレアな裾が脚を長く見せてくれるのはもちろん、これ小尻に見えるのでおすすめ。

 

バギージーンズ

ユニクロのバギージーンズ

出典:ユニクロ

 

デニムならこれ一択。

綿100%のハリのある生地感で肉感を拾いにくい!

現在販売中のユニクロのデニムの中で、唯一ジャストウエスト。

濃いめのネイビーはきれいめに履けるし、ホワイトも着まわしやすく◎

ブルーカラーもそこまでウォッシュのムラは強くないので、よりカジュアルに履きたい方におすすめ。

 

感動パンツ

ユニクロの感動パンツ

出典:ユニクロ

 

ベーシックなカラー展開でコーデしやすく、ヘビロテできそう。

バックにダーツが2本ずつ入っているので、立体感のあるヒップに沿うきれいなラインが期待できるかと思います。

汗の乾きやすさがウリなので、春夏に活躍するアイテム。

 

ユニクロさんはやっぱりスマートアンクルパンツ推しなのか、スマートアンクルパンツは色や柄が豊富ですが他のパンツはベーシックな単色が基本ですね…

今後に期待です!

 

骨格ストレート向きのGUで買えるパンツ4選

現在GUで購入できる骨格ストレートにおすすめのパンツはこちら。

 

スリムテーパードアンクルジーンズ

ユニクロのスリムテーパードアンクルジーンズ

出典:GU

 

スリムフィットのデニムが履きたい方に。

スリムなパンツはタイトになりすぎないようにしっかり試着するのがおすすめです。

63や66番のブルーカラーのようなウォッシュのきいたものより、ネイビーカラーがよりすっきり見えるかと思います。

 

プルオンパンツ

GUのプルオンパンツ

今GUがCMバンバン打って推してるこのプルオンパンツ。

私は気に入って2色買いしました。笑

ハイウエストにならず、余計なタックもなく、ほどよいゆとりのワイドで太ももの肉感も拾いません。

センタープレスではなく、ピンタックなのでお洗濯で消えることがなく、脚をすっきり細く見せてくれる。

らくちんできれいめにもカジュアルにも使えるパンツです。

GU公式 | プルオンパンツ(丈標準69.5~73.5cm) | ファッション通販サイト

 

ウォッシャブルストレートパンツZ+X

ユニクロのウォッシャブルストレートパンツZ+X

出典:GU

オフィスにもいけるGUのパンツならこれもおすすめ。

太めのややゆとりのあるシルエットで、太ももがパツパツになりがちな骨格ストレートさんでも安心。

得意なストレートシルエット+センタープレスで、まっすぐできれいな脚に見せてくれます。

 

ミドルライズフレアジーンズ

ミドルライズフレアジーンズ

出典:GU

トレンドにあわせたミドルライズデニムも、最近GUから出てきました。

上半身が詰まったように強調されて見えることなく、骨格ストレートさんがバランスよく着用できます。

少しだけ収縮糸を混ぜ、着用感の良さと肉感の拾いにくさを両立したデニム。

裾がややフレアになることで、膝下が長く見える美脚パンツです。

 

骨格ストレートに似合うパンツでコーディネートを楽しもう!

パンツが苦手!どうしても似合うものに出会えない!と思っていた骨ストさんに、似合うパンツの選び方が伝われば嬉しいです。

スカートも良いのですが、パンツも選べるようになるとコーディネートの幅も広がるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

また私の楽天ROOMでは、骨格ストレートにおすすめの服を掲載しています。

自分で探すのは時間がかかる、めんどくさい!という方はぜひのぞいてみてください。

パンツもよく紹介しています!

シイナ@骨ストselect shop のROOM - 欲しい! に出会える。

room.rakuten.co.jp

 

似合うトップス・ワンピースの選び方についてはこちらの記事で紹介しています。

【5kg痩せて見える】骨格ストレートのトップスの選び方&GU・ユニクロ含むおすすめ紹介

【2022年】骨格ストレートが事故らない優勝ワンピース9選&選び方解説

 

その他、骨格ストレートの服の選び方やおすすめアイテムをたくさん紹介しています。

こちらのカテゴリよりチェックしてみてください。

骨格ストレート(骨スト)

 

参考になった方はクリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村