読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりシイナ時間

肌も心も体もキレイになるために

髪だけはよく褒められる私が使っているアウトバスオイル

ヘアケア

シャンプーしてタオルドライの後、ドライヤーをかける前につける洗い流さないオイル。
たくさんの種類がありますが、今回は私が愛用しているものを紹介します。

 シリコン入りヘアオイルが合わない

鉄板はモロッカンオイルやケラスターゼ、ロレアルあたりかな。
人気なのはこのあたりだと思いますが、私は使いません!
なぜかって、私の髪にはこの手のオイルがあわないのです。
この手のオイルっていうのは、シリコンが入っているアウトバストリートメント、しかもオイル状のもののこと。
原因はわからないのですが、今まで買って満足どころか、髪の調子が悪くなったことしかないのです。
シリコンが入っていても、クリームやミルク状ならまだなんとかなる。

美容院でこの手のオイルをつけられる事が多いのですが、数日にわたって髪がパサついたりします。

 

私の髪質は?

太い、かたい、多いの三重苦w
でも?だからこそ?痛みにくくて強い。
カラーもしてるしコテやアイロンはほぼ毎日使うけど枝毛もない。
枝毛がないとはいえ、カラーやコテでそれなりに痛みはあるけれど、そう見えないらしい。
というのも、髪にツヤがすごくあるから。
これのおかげで誤魔化せているらしいw
担当美容師さん曰く、うちのお客さんの中で一位二位を争うほどつやつやで綺麗!とのこと。
ちなみにもう一人は外国の方だそう。


髪だけは本当にいろんな人から褒められる。(肌はボロボロだけど…)
こんな私でも以前、ものすごく傷んで枝毛や切れ毛に悩んだことも。
きっと今のお手入れが髪にあっているんだと思います。

 

私が使用しているヘアオイル

私が使っているのはオイル。
でも冒頭にあげたようなシリコンの入ったオイルではなく、純なオイルかノンシリコンのオイル。

今使っているのはこの2つ。

f:id:shiinafuwamaro:20160724200709j:plain


マークス&ウェブのハーバルオイル(ホホバ)のマンダリンかオルタナティブのコンセントレートヘアオイル。
決して松山油脂さんからお金をもらっているわけではありませんw
ただの松山油脂オタクですw
シンプルで素敵なデザインのパッケージと質実剛健でナチュラルな中身が好き。

 

マークス&ウェブのハーバルオイルはホホバとスクワランの2種類があって香りもいくつかあります。
私はホホバの中でその時によって香りを変えたりしています。
このホホバオイルは精製されているオイルでサラっとしてるけどしっとり落ち着きのある髪にしてくれる。
顔に使用しているデザートエッセンスのホホバは未精製だけど、浸透の違いなのかイマイチ。
髪に使うなら絶対精製されたマークス&ウェブ!
純なオイルだから手に残ったものはそのまま手にぬりこんでもいいし。
シリコン配合オイルみたいに手がべったべったになって不快になることはないのがいい。

オルタナティブはハーバルな香りのノンシリコンオイル。

ベースはこちらもホホバオイル。
それに様々な精油やエモリエント剤が配合されています。
私が今まで一番使ってよかったと思ったアウトバスオイルがベーネの馬油ツヤオイルという商品なんですが、その商品も馬油ベースでエモリエント剤が含まれたシンプルなオイルでした。
が、廃番になってしまったので似たような成分構成であるこちらにたどり着いたのです。
純なオイルではないので髪にしか使えないけどエモリエント剤が入っていて、プッシュ式容器も使いやすい。
ただしロフトでしか売っていません。

 

どちらも大好きだったベーネの馬油ツヤオイルには劣るんですよね…
もっと似たものないかなーと探しています。

シリコン系ヘアオイルはサラッサラになるけど上記2つはしっとりします。

 

ホホバよりしっとり系が好みなら椿油

ちなみに、もっと傷みがひどかったときはホホバじゃなく椿油を使用していました。
有名なDSで変える大島椿も買ったけど、愛用していたのは三原椿油
黄金色のもったりした栄養たっぷりのオイルで、かなりしっとりします。
傷んで広がりやすい人にはこっちがおすすめ。
DSの大島椿は肌に使うのは抵抗があるけれど、三原椿油はむしろ積極的に肌に使いたいオイル。
これでクレンジングして石鹸で洗顔してた時、おどろくほど肌がつるつるでしっとりになりました。
オリブ油とは全然違った。
久しぶりに使いたいなー。

 

長くなったのできれいな髪のために気を付けている事を次回書きたいと思います。

 

参考になった方はクリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村