読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりシイナ時間

肌も心も体もキレイになるために

【2016年】今年発売の日焼け止め比較

スキンケア ベースメイク

紫外線が強い季節ですね。

真夏でないと安心している方もいると思いますが、この時期の紫外線量は真夏と同じ位である事はご存知の方も多いかと思います。

f:id:shiinafuwamaro:20160530165844j:plain

※naturalwebさんから画像お借りしました

 

私は顔用と体用で日焼け止めを使い分けているので、体用に使用している今年発売されたばかりの日焼け止めを紹介・比較したいと思います。

 オレゾの低刺激性ノンケミカルライン登場

ロート製薬のオレゾから今年発売された日焼け止めは、オレゾナチュラルというノンケミカルで低刺激性の敏感肌用のライン。

  • ノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)
  • 低刺激性
  • アルコールフリー
  • 無香料
  • 無着色
  • アレルギーテスト、スティンギングテスト、敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み

ミルクとジェルがありますが、私が購入したのはミルクの方のオレゾナチュラルパーフェクトミルクUV。

ミルクはSPF50+、PA++++ですが、ジェルの方はSPF35、PA+++です。

 

DSで手の甲でお試ししてから購入しましたが、実際腕や首等に使用すると手の甲では気にならなかった事が気になるように。

まず、のびの問題。

あまりのびが良くないように思います。

ミルクですがちょっともったりとしたテクスチャーで、するする伸びるような感じではありません。

 

紫外線散乱剤使用なので仕方ないのですが、若干白くなります。

のびが悪いので、余計白くなりがちな感じがするかも。

皮膜感強め。

腕位ならいいのですが、首となると塗りにくいのでのびが悪いと塗る気がなくなってしまうと感じます。

 

一番気になるのが、首に塗った際に髪がキシキシすること。

私は基本的には髪はまとめているのですが、それでもうなじに塗ったものがつくのか髪がキシキシします。

間違っても髪をダウンにする際には塗りたくない。

 

私は日焼け止めに対してノンケミである事にこだわっていないので、これである必要性を感じないのですが、ノンケミでノンナノ(おそらく)にしては白くならないし、ノンケミのクリーム状のものに比べたらのびもいいのではないかと思います。

ノンケミにこだわる人には使いやすい日焼け止めなのかも。

 

スポーツする人用の日焼け止め

今年発売されたコーセーのスポーツビューティ。

CMもしてるし、DSでも目立つところに陳列されています。

私はつい最近屋久島に旅行に行き、山に登ってきたので購入してみました。

ミルクタイプが2種類あり、ノーマルとスーパーハードがありますが、落とすのに負担がかかりそうだと感じたためノーマルのスポーツビューティUVウェアに。

銀の蓋がスーパーハード、白い蓋がノーマルです。

 

  • プロテクトウェア処方
  • スーパーウォータープルーフ
  • 石鹸で落ちる

オレゾと同じくSPF50+、PA++++です。

 

私はあまり汗をかかない体質なので、山でUVカットのウェアを着ていたため首と手位しか塗っておらず、どちらも汗をほとんどかかなかったためウォータープルーフ効果についてはなんとも言えません。

 

ただ、ゆるーいミルク状で伸びがとてもよく、全く白くならず、軽い使用感なので手がのびるのはこちらです。

これなら塗り直しに重ねるのも苦にならない使用感。

香料が入っているのでDSで試して苦手じゃないか確認必須。

首に塗っても髪がキシキシしないし、のびがいいから首にも塗りやすい。

石鹸では単独使用なら落ちると思います。

試しに顔に塗ってパウダリーファンデつけてみたらいつもアベンヌ+パウダリーファンデを落としてるアノンクリームではおとせませんでした。

 

これは旅行用にミニサイズ購入したけど気に入ったので大サイズ買う予定。

ちなみに焼けたかどうかわかりません。

わからないという事は焼けたとしてもたいして変わらない程度だったってことかなと思っています。

 

ちなみに山でも私は顔用にはアベンヌのデイプロテクターUV。