ゆっくりシイナ時間

肌も心も体もキレイになるために

ブルベ夏と診断されてから買ったコスメでそこそこ良かったもの&イマイチだったもの

前回のこの記事からの続きで今回はそこそこ良かったものとイマイチだったもの。

shiinafuwamaro.hatenablog.com

 

 

そこそこ良かったもの

 

無印良品/アイベースカラー ホワイト

パール&マットと書いてありますが、マットのほうでも完全なマットじゃありません。

ほとんど色のつかないシルバーのパールとラメが入ったシャドウと、ホワイトベースにシルバーのパールがほんのり入ったシャドウの2色セット。

アイホールにラメの入った方をのせてアイラインひくだけ、みたいなあっさりしたメイクをよくしてます。

ベースカラーがイマイチなパレットにあわせると良い!

ただラメのほうだとラメがキラキラしすぎかな~と思うし、パールのほうだと少しはラメがほしい、って仕上がりになるのでドンピシャではないかな?

 

エレガンスクルーズ/ファインカラー N12

ほんのりパール入りのグレイッシュなブラウン。

しめ色にはできないほどの薄付きなのでアイホールに薄くのばしてもいいし、二重幅にのせてもきつくならない。

この程度なら塗っても塗らなくても変わらないかな?とも思うんだけど、さりげなく目元をはっきりさせてくれる効果あり。

いくらブラウンシャドウを試しても似合うものに出会えなかった私ですが、こういうブラウンなら似合うのか~と納得。

 

リンメル/アポカリプスリップラッカー 010

ローズピンクのリキッドルージュ。

グロスのテカテカ感が似合わなくて口紅ばかり使ってたけど職場でかわいい女の子がリキッドルージュをトイレで塗ってる姿を見てその女子力に惹かれて購入w

グロスよりテカテカしなくて自然なツヤ。

血色が悪い私の唇にも赤みを足してくれて、根っこは本来の唇の色に近いんだけど、明らかに実際の色より血色よく、キレイに、健康的に見せてくれる。

モチがイマイチなのが残念。

前回紹介したシャインカレスのベラより優しい発色なのでナチュラル。

 

キャンメイク/ユアリップオンリーグロス 03

唇の水分によって色づきが変わる最近はやりのタイプのグロス。

グロスなのでテカテカ感がちょっとありますがテカリは長く続きません。

私はこれを塗ると濃い目の青みピンクになって顔色がパーッと明るくなります。

鏡がなくてもささっと濡れて映えるので使いやすい。

 

イマイチだったもの

 

エルシア/肌色トーンアップ化粧下地 PU

透明感が出ると噂の紫の下地。

透明感の前に白浮きしてしまった…

顔はピンク、首黄肌だからか顔全体に塗ると首との差が余計開くし、下地としての効果もあまり好みではないのでポイント使いもしてません。

 

クレ・ド・ポーボーテ/オンブルクルールソロ 106

グレイッシュで若干紫みも感じるブラウン。

サロンでネイビーシャドウでメイクされたときと同様、顔がきつくなって断念。

私にはこういう濃い色をシャドウで使うのが似合わないみたい。

ブルベでも冬の人向けだと思います。

 

ケイト/ブラッディラッカー RD-1

青みを感じる赤リップ。

ちょっと彩度高すぎたかも。

これも冬向けかなー。

私には派手すぎました。似合わなくないけど。

指でポンポン塗りならいいかも。

 

ワトゥサ/ポイントカラーズ 511 lune

ホワイトだけど実際色は偏光パールの色しかのらない。

偏光パールは水色っぽく発色。

夏には偏光パールが似合う人と似合わない人がいるみたい。

私は似合わなくてただただ浮いて残念な仕上がりに…

 

まとめ

シャドウはしめ色なしが良い。薄付きでナチュラルなもの、パールよりラメが良い。

リップものは赤み必須。いくら青みのあるものでも赤みが足りないと微妙に。

チークはできるだけ青みのみに寄ったほうがキレイに発色する。ちょっと赤みがあるとピンクも赤になってしまいがち。

ベースメイクは首の黄みにあわせるとくすむ。首の黄みに浮かない程度にピンク系を選ぶのが良い。

 

私の場合こんな結論でした。

これだけわかればコスメも選びやすい♪

今は黒アイラインがきついと感じるのでちょうどいいアイライナーを探し中。

気に入ったコスメを購入したらその都度紹介していきます~。

 

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村

関連記事